*

マルチディスプレイ対応!?メタトレーダーを複数起動する方法

medium_2668021608
にほんブログ村 為替ブログへ
RSS

トレードを長くやっていると、パソコンをマルチディスプレイでいろんな情報を

集めたいという衝動に駆られると思います。
 

マルチディスプレイで沢山のチャートを表示させたいと思っている人も

いるはず、、
 

チャートソフトでメジャーな「Metatrader(メタトレーダー)」

は通常一つしか起動することが出来ません。どうしたらいいのでしょうか?
 

実はちょっとした設定で複数起動することが出来ます。
 

メタトレーダーを複数起動する方法

まずはメタトレーダがある、フォルダーまでたとってみましょう。

 
コンピュータ → Cドライブ → Programe files(x86) →

→ Metatraderフォルダ
 

メタトレーダーフォルダをコピペする

対象のメタトレーダーのフォルダをコピー&ペーストを表示したい分だけ

コピーしてください。
  
メタトレーダーフォルダコピー

複数のメタトレーダーフォルダが出来上がりました。

コピーしたフォルダはわかりやすいようにナンバーをふったほうがいいでしょう。
  
メタトレーダのショートカット作成

コピーしたフォルダ内に入ってメタトレーダーのプログラムファイルへの

ショートカットをデスクトップに作成すれば完了です。

  

後は、コピー分のショートカットを全部開いて、ログイン情報を

入れて開けば、複数のメタトレーダーが起動できます。

 

これで、マルチディスプレイ環境を十分に活用できるはず、是非お試しあれ!

スポンサード リンク

関連記事

medium_4326541391

伝説の投資家から学ぶ投資の心得

投資で上手く立ち回っていくためには、心得ておかなければならないルールがあります。 その中でも、

記事を読む

large_2046126318

今話題!?NISA(ニーサ)口座を簡潔にまとめてみました!

2014年から「NISA(ニーサ)〔少額投資非課税制度〕」 がスタートします! 今話題の

記事を読む

large_2276783536

正しいローソク足の見方

ローソク足チャートを見る際には、どのような見方をされていますか? デイトレーディングだっ

記事を読む

large_161189909

押し目買いのやり方

FX取引や株式投資の世界では、「押し目買い」というテクニックが存在 しています。 &nb

記事を読む

medium_3953040857

最短で相場観を鍛える唯一の方法

Forex Tester2(フォレックステスター2)は、トレード練習専用の パソコンソフトです

記事を読む

medium_3634124173

利益が残る利喰いと損切りのポイント

FXで利益を出していくためには、テクニックが必要になります。 あらゆる状況に柔軟に対応していく

記事を読む

medium_5902557577

スイングトレード向け!?豪ドル円を選ぶ理由

豪ドルというのは、オーストラリアドルの略称で、 豪ドルと円のペアを自分は専用通貨にしています。

記事を読む

medium_3719448961

日柄でトレンド転換を判断する方法

相場については、最初は価格から入る人が多いと思います。 安ければ買い、高ければ売るは、自然的な

記事を読む

medium_3077758997

レンジ相場でFX攻略について

FXは通貨を使った投資で相場の変動を利用して利益を上げるものです。 分かりやすくいえば下がった

記事を読む

medium_3605796365

失敗から学ぶFX口座開設の選び方

FX(外国為替証拠金取引)をするためには、口座開設は必須です。 開設しなければ、FX投資をする

記事を読む

スポンサード リンク
medium_2675741951
FXに勝つために必要な3つの方法

FXに勝つために必要な方法としては、3つの方法が必要とされています。

2014-09-04-23.39.39
コストをかけずに裁量トレードの検証をする方法

自分の裁量トレードを検証するためには、有料のForexTester

medium_2263096501
Macでメタトレーダーを使う方法

Mac(マック)を買ったはいいが、Macでは投資系ソフトが ほぼ

medium_2962194797
お金持ちになる為に他人の力を使う

お金持ちになる為に最も必要なスキルとしては、他人の力を 使うとい

medium_7323178382
お金持ちになる為に何をする

お金というのは人間である限り、切っては切れないツールです。 食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑